HOME>Topics>自分に適した探し方を選ぼう!理想的な賃貸マンションの探し方

賃貸マンションの探し方

賃貸マンションを探す方法には大きく分けて2種類の方法があります。その一つが直接不動産屋に足を運ぶ方法、物件探しをしながら直接疑問や相談を行えるだけでなく、地元ならではの情報を得られるのがメリットです。そのため、事前に住むエリアに目星を付けている人におすすめの方法と言えます。
もう一つがインターネットを利用した検索です。需要の増加によって自社のホームページを利用して取り扱っている物件を紹介している不動産業者も増えてきています。ネットに接続できる環境であれば現地に足を運ばなくても調べることができるので、遠方からの引越しを考えている人にも最適です。

自分に適した探し方を選ぼう!理想的な賃貸マンションの探し方

婦人

マンションを契約する場合、まず最初に行なうのが物件の下見です。物件を取り扱っている業者に依頼をして実際に物件に足を運んで間取りや設備を確認する内覧を行います。内覧を行ったからといって必ずしも契約をしなくてはいけないというわけではなく、気に入らなければその場で断ることが可能です。そのため、必ず契約をする前に内覧を行うことを忘れてはいけません。
内覧を行って問題がなければ書面上の契約を交わす手続きに進みます。この契約時には必要となる費用はもちろん、住む上での禁止事項など条件をよく確認をして疑問に感じる点は契約前に解消しておくことが大切です。

内覧の際にチェックしておきたい項目

室内

壁を通した生活音についての確認

マンションのような集合住宅において最も注意しなくてはいけない点が生活音を含めた騒音です。この騒音問題はマンションのトラブルで比較的多いとされていて、中には自分では気が付かないうちに周囲に迷惑を掛けているケースも少なくありません。
そのため、内覧時には壁や床を軽く叩いてどの程度音が漏れ伝わるかを確認することが大切です。

専用のゴミ捨て場の利用状況

マンションの内覧時に重要とされていながらも意外に見落としがちなポイントの一つにゴミ捨て場のチェックがあります。ゴミの管理については不動産業者が直接関わっている物ではなく、管理人の仕事振りや住民の人となりがそのまま反映される部分です。分別やゴミ捨て場の使い方でどういった人間が住んでいるかがある程度見えてくるので忘れずに確認しておかなくてはいけません。

収納を含めた設備の確認をする

内覧において設備の確認は、欠かすことのできないポイントの一つです。キッチンや浴室などの水周りはもちろんのこと、ベランダの使い勝手や荷物を仕舞う収納スペースの有無は生活の利便性を左右すると言っても過言ではありません。
マンションの設備は万人に向けた設計となっているので人によって感じ方は違います。必ず全ての設備を確認して、気になる点はその場で質問することが大切です。

間取りから自身の所有する家具スペースの配置をイメージする

設備と同様に大切になるのが間取りの広さです。内覧時には何もない状態で広く感じられても、実際に住む上でベッドや家具を配置することで部屋のイメージは大きく変わります。この時に部屋ごとに配置する家具が問題なくおけるどうかを確認作業を忘れてはいけません。中にはこの作業を怠ったことでいざ引越しで家具を入れた時にスペースが足りずにイメージ通りに置けなかったという事例もあります。
そういった失敗をしないためにも、事前に家具の寸法を図っておいて内覧時に照らし合わせることが重要です。

交通アクセスなども考慮しよう

物件選びでは、生活をする上で欠かすことのできない日常生活の移動経路についてもしっかりと考慮する点も忘れてはいけません。池袋は電車や都バスなどさまざまな公共交通機関が充実している点が大きな魅力です。
とはいえ、いくら公共交通機関が充実しているといっても最寄り駅からの距離が離れていては不便な生活を強いられてしまいます。そのため、物件から最寄り駅までの時間を含めた移動の利便性も大事な判断材料の一つです。

賃貸マンションと分譲マンションを比較!

賃貸マンションにおけるメリット

賃貸マンションはその名の通り毎月家賃を支払う契約の形です。通常マンションにおいて設備の老朽化が見られた場合、住人が実費で修繕を行いますが、賃貸契約の場合には原則として貸主側が費用を支払う形になります。長年住み続ける上でこれらの費用が掛からない点は大きなメリットです。
そのほかの賃貸のメリットの一つに初期費用の安さもあります。マンションの購入にはローンを組む場合の頭金や登記費用など最初に数百万単位のお金が必要です。それに対して賃貸であれば敷金や礼金といった数十万程度の費用で済みます。

分譲マンションを選択することで得られる利点

分譲というマンションを購入する形を取ることは、自分の資産を手に入れるのと同じ意味合いになります。年月の経過と共に資産価値が下がってしまう点は否めませんが、家族に残せる財産を所有できるのは大きなメリットです。
分譲は購入することで所有の権利を手に入れられるので、リフォームや増築などの自由なカスタマイズが可能になります。ずっと住み続ける中で老朽化した設備を新しくできたり生活の人数に合わせて部屋を変えられるのは分譲ならではの利点です。

広告募集中