大学生の一人暮らしに最適な間取りとは

一般的に大学生の一人暮らしは、6帖から8帖程度の部屋の広さが最適だと考えられています。
これを間取りに当てはめるとワンルームから1Kが妥当だとされていて、学生向けのマンションやアパートでも同様の広さの部屋が主流となっているようです。ただ人によってはもう少し狭い部屋でもいいと言うケースもありますし、荷物が多かったり趣味の部屋が欲しい場合であればもう少し広さが欲しいと言う声もあります。
そのため大学生の一人暮らしでの間取りはワンルームや1Kを基準にして、生活のしやすさや掃除のしやすさなどを考えて部屋を内見するのがおすすめです。

物件探しを始めるにあたって

一人暮らしをするための部屋や物件を探すにあたってまず調べなければいけないのが、物件を管理仲介している不動産会社に関することです。
大学生の一人暮らしのほとんどは賃貸マンションやアパートを利用するようになるため、物件を仲介している不動産会社に紹介してもらいながら物件探しをするようになります。
そんな不動産会社は地域によっては複数ありますし、紹介している物件やサービスの内容も会社ごとに異なります。このため、まずは信頼できる優秀な不動産会社選びから始めることが大切です。

優秀な不動産会社の特徴

インテリア

管理業務も兼ねている

一般的に不動産会社は、仲介業務を担当しているところと管理業務を兼務しているところに分けられます。
仲介業務を担当している不動産会社は紹介する物件の数は多いのですが、管理を別の業者に委託しているので何かあった時のトラブル対応がややこしくなってしまったり対応が遅くなってしまう場合があります。それに対して管理業務を兼務している不動産会社であればスムーズに対処してもらえるので、安心して部屋を利用できると言われているのです。

理想の部屋を見つけやすいサービスを提供している

物件探しをする時にはインターネットを利用して部屋情報を調べることが多いのですが、この時部屋の条件を細かく設定できるかどうかは優良な不動産会社のポイントとなります。
細かい条件を設定できるということはそれだけ自分が理想とする部屋を見つけやすくなるので、インターネットを使って部屋探しをする時は詳細条件を設定できる不動産会社のホームページを利用するのがおすすめです。

真剣に話を聞いてくれる担当者がいる

ホームページやインターネットで物件探しをしても、最終的には実際に不動産会社のスタッフと一緒に内見などをして物件を決めるようになります。このため不動産会社のスタッフの人と関わっていく必要があるのですが、この時にこちらの話や要望をしっかり聞いてくれたり要望に合った物件を調べてくれるなどの対応の良し悪しは重要なポイントの一つです。
あまりこちらの話を聞かずに強引に契約に持っていこうとする人もいるので、担当となるスタッフの人と事前に話をして信用できる相手かどうかを見極める必要があります。

紹介している物件の数が豊富

大手の優良不動産会社の多くに見られる特徴として言われているのが、物件の取扱件数が豊富である点です。
物件の取扱件数が多いということはそれだけ比較検討しながら物件探しができるようになっていますし、より自分の条件とマッチする部屋を見つけやすくなります。特に大学生の一人暮らしであればセキュリティ面や設備面でこだわりたい部分は多いですし、不動産会社の中には学生マンションを中心に取り扱っているところもあります。
このため、大手の不動産会社から物件探しをするのであれば取り扱っている物件の数や住みたいと思っているエリアで紹介されている物件の多さを確認するのがおすすめです。

些細な地域の情報もしっかり教えてくれる

地域密着型の不動産会社の中から優良な不動産会社を見つけたい場合は、地域の情報を些細なことでもしっかり教えてくれるところがおすすめです。意外と大手の不動産会社では提供してくれない些細な情報の中に、実は生活面での重要な話が紛れていることも多いと言われています。このため特に4年制大学や大学院に進学するなど長期間その物件で生活する場合は、何気ない情報を教えてくれる不動産会社から選ぶのがいいと言われているのです。

一人暮らしの大学生におすすめ!【失敗しない部屋の探し方】

つみき

物件探しをする際には、色々と気を付けなければいけない注意点がいくつあります。
例えば物件そのものであればセキュリティがしっかりしているかどうか、いざという時に不動産会社や管理会社にきちんと連絡が取れるようになっているのかを確認しておかなければいけません。特に女性の場合はオートロック機能はもちろん、様々なセキュリティ面を意識しておくのが大切です。同じように物件周囲の治安もチェックしておくと、より安全な生活を確保できるので重要なポイントの一つだとされています。
また家賃に関しても大学生となればアルバイトで賄う人もいますが、両親が負担してくれるケースが多いです。最低でも卒業するまでは同じ物件で生活するようになるので、家賃の上限や初期費用にどこまで出費できるのかを両親と相談しておくのも注意点として言われています。

広告募集中